育つこと、働くこと、老いること。私たちにできること全部。社会福祉法人:藤雪会

自分たちで作れるんだ。福祉も、社会も。

思想だけではなく、ちゃんとお金を集めて行動できる。それが強みです。

藤雪会の「きりん」と「こんぺいとう」と「ぼちぼち」。
自分たちでお金を集め、地域貢献や環境や勉強など、使い道や寄付先をみつけ、活動しています。

活動のしくみ

  • 月々のお給料から寄付します こんぺいとうは月300円、きりんは月700円の基金(寄付)を集めます。参加は自由です。
  • 使い道は話し合いで決めます ルール、使い方などは定期的な集まりで決
    めます。活動内容は報告します。自分たちのお金だから、一人ひとりに権限があります。
  • お互い様で豊かになりました 施設づくり、職員同士の支え、被災地への
    支援などを通して、人と人との結びや連携が太くなり、地域が豊かになっています。

職員の部屋

きりん、こんぺいとう、ぼちぼちメンバーの掲示板です。
職員以外も見れますので、ぜひ覗いてみてください。

支援をしたい・受けたい

支援をしたい地域の団体や、知人の活動に賛同をして、人や物資、お金の支援をしたい。と思ったら、いずれかのグループに提案をして、グループ内で支援の方法を決めます。
支援を受けたいまず、社会福祉法人藤雪会の本部へお問い合わせください。
その後、各職員グループに報告し、活動内容の確認、ヒヤリングなどを行い、支援をするか決めます。
支援が決定したら、職員とのコミュニケーションを通じて、活動を支援していきます。